大きくする 標準 小さくする


人の繋がり(絆)

投稿日時:2013/04/02(火) 15:01rss

昨日夜帰宅したら郵便物が届いていた。
中身は「ふだん記関西」という自由投稿誌、年二回発行の春号だ。
自分の原稿を出し合って一冊の本にする、一人400字詰め原稿用紙3枚程度の生活に関係した
文を投稿する。
ふだん記は日本各地にグループがあり、相互に投稿しあう。
そしてお互いに文友として、いろいろなサークル活動も行って交流を深めあうというわけだ。
私は四条畷と関西と全国のグループに参加して5年あまりになるが、いまではたくさんの文友さんと知りあうことが出来た。

今日は、「ふだん記関西」に関するエピソードを紹介したいと思う。

ふだん記の文やオフ会での席で知りあったMさんから、ある日一つの相談を受けた。
相談というのはMさんのお母さんに関することだった。

Mさんのお母さんは老人ホームに入られていて、ちょうど百歳になられ総理大臣から表彰されたばかり。
このお母さんはホームに入られても短歌を詠まれて、その作品は壁に貼られているほどの出来栄えとのこと。

Mさんの相談は、この百歳のお母さんの記念の写真をお願い出来ないかということだった。
記念写真や笑顔写真はスプラウトの得意なところなので、二つ返事でお受けして早速にスタッフとホームに出向いてお母さんにお目にかかった。

そして、車椅子で庭に出ていただき、写真とビデオを撮らせていただいた。
そして後日完成品を届けて、Mさんと一緒に見ていただき、本当に喜んでいただいた。
この話がふだん記の文友さんにも広がり、写真やDVDの仕事を頂くようになった。
ちなみに「ふだん記」は実名での交流でFACEBOOKと似たようなところがあると思った次第。


                写真は昨年の春号

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

○主にシニア対象の写真やビデオに関する制作業務(DVDなど) ○独自のアイデア溢れる創作掛け軸と巻物 ○オリジナル名刺・チラシ制作

詳細へ

個人プロフィール

大手建設資材リース会社25年勤務、48歳で補強土の会社(株)ジオシステム創業全国規模の会社に育てる。2005年(株)スプラウト創業現在に至る。

詳細へ

<<  2020年8月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧