大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2013年05月16日(木)更新

定年後の生き方

定年後の生き方について、最近いろいろ思うことがある。
昨日のことだが、定年を過ぎたばかりや、もうかなり経った人たちが集まってバーベキューをした。
企画したのは定年にはまだまだの比較的若い人。
いつも定年後を若々しく過ごそうという目的の親睦会のメンバーに呼びかけた。

開催場所は個人宅の庭で、参加者は15名ほどのようだった。
ほとんどが毎日日曜日の人だから、結構集まったものだ。

私は参加できなかったが、バーベキューの雰囲気は写真で読みとれた。
本当に楽しそうな笑顔で、皆さんは幸せに満ち溢れた表情だった。

皆さん個人は、現役の時はそれなりに立派な職業につかれ、地位も名誉も得られた人ばかり。
でも、いまではそんな過去には全く関係なく、社長も先生も弁護士もなんとかさんと呼び合う。

平均したら70代くらいか、そんな年代でも仕事関係なく仲間ということ。
すばらしいことだと思う。
伴侶を亡くした人も、最近結婚した人も、体調を崩してちょっと休養中の人も、みんなでワイワイガヤガヤは
時間の経つのも忘れてしまう。

高齢になっても(既になっているが)こんな仲間との交流を続けたいものである。

2013年05月14日(火)更新

写真同好会

ふとしたことからメーリングリストを利用して、写真をメールの仲間に配信しあう写真同好会を立ち上げた。
会の名称は写真同好会、写真趣味の会等考えたが、写真を楽しむ会から写真楽会とし、頭に運営のスプラウト
をつけて「スプラウト写真楽会」とした。
発足後4年強経ったが、投稿する人は限られている。全体80名の2割位かと思う。

でも、自分は投稿しなくても、いつも見てくれている人からは「いつもありがとう、写真は見させて貰ってますよ」
といって貰うと嬉しくなる。

今日も私より年配の方が2名見えた。
一人は写真の引き伸ばしと加工、もう一人の方は「このたび、役職が変わったので・・・」と名刺の依頼。
このご両人もいつも写真を見るだけの会員さん。

でも新しい仕事が出来た場合は必ず、こんなの出来ないかなーとか必ず寄ってくださる。
有り難いことである。


2013年05月09日(木)更新

ビジーな一日

㈱スプラウトの所在地は「曽根崎新地2丁目です」と言うと、あぁ、あの新地ですか、昔はよく通いましたが最近はとんと御無沙汰していますと仰る方が多い。

はじめて来られるお客さんは、曽根崎新地の曽根崎だけで曽根崎警察の方にまず歩かれる人と、新地と聞いて
北新地と勘違いされる人に分かれる。

でも、最近は携帯電話があるので、間違えた所から電話があり説明するとほどなく見えることが多い。
昨日もたくさん見えたお客さんの中で、このように携帯で聞いて来られた方が何人か居られた。

昨日は古いビデオのデジタル化と、写経楽々掛け軸の注文を頂いた。
また、名刺のデザイン変更についても、デザインそのものの相談を受けて大変喜んで頂いた。

 



2013年05月07日(火)更新

今日は「5月の笑顔写真の日」

GWが終わった今日は特別に撮影することになった「笑顔写真の日」。
いつも5名単位で撮影するのだが、前回のお客様が大変写真の出来栄えや撮影の
雰囲気を気に入っていただき、今日はお母さんとお嬢様二人で再度撮影に来られた。

お嬢様の写真は見合用ということで、グランフロント大阪の川のある緑地帯をバックに撮影した。
撮れた写真は緊張感もなく笑顔が可愛い写真で、きっと見合いもうまく行くような気がした。





2013年05月01日(水)更新

スプラウト高槻営業所

今日はGWの合間だけれど、地元のお客さんが自宅に見えた。
年齢は私とほぼ同じで、これまで撮ってきた写真の整理と自分史を作りたいということだった。

子供さんも成長され、東京に住まわれている長女がGWで帰省されたので一緒に我が家に
見えた。
両親の生い立ちや結婚式、自分たちの小さい時の写真をみて話題は弾んだ。
そして、スプラウトのいろいろな商品も見てもらい、あれもこれも作りたいけれどお金もそんなに
余裕はないしと率直な話。

それでも、GWに家族みんなが揃うので、みんなと相談したいと言われて帰られた。
お母さんは当然のことながらアナログ、娘さんはFACEBOOKもやられている今流の人。

それでも掛け軸や巻物など古典的なものにも関心を持ってもらえた。
東京に帰ったら、東京営業所的に営業してみたいと仰った。
1時間の予定が4時間近くになり、今日は本社出勤はなし。
結構有意義な5月のスタートとなった。


2013年04月30日(火)更新

四月も今日でお終いです

早いもので2013年(平成25年)も1/3過ぎてしまいました。
私にとって4月は以前は脱サラ起業した月として特別の思いでした。
そして今は第二創業の㈱スプラウトを創業した月(4月20日)として、この月になると
気を引き締めております。

気を引き締めなくてはならない4月でしたが、思いがけず今月は風邪をこじらせて10日以上も
休んでしまいました。

今月13日(土)は第二創業してからいろいろ付き合いのあったO君の結婚式でした。
披露宴の列席者は270名でそれはそれは盛大な宴でした。

O君からは早くに招待状を貰っていたので、なんとか披露宴を盛り上げるアイデアはないものかと
思っていましたが、いろいろ考えた末に、スプラウトの得意とするところのメモリー巻物を提案しました。

昨年、名古屋の人から、披露宴でサプライズとして新郎から新婦への誓いを記した巻物の注文を受け、
これはグッドアイデアとして新しい商品の一つに加えました。

今回はこれをヒントにして提案したところ、サプライズではなくて、新郎新婦の誓約書として巻物を作りましょう。
そして参列者に立会人として署名をしてもらおうと言うことになりました。

結果としてこのアイデアはうまく行って多数の皆さんに署名を貰って、新郎新婦は末永く幸せに添い遂げる
こと間違いなしとなりました。

こんな4月のうれしい出来事がありましたが、結婚式当日は未明に淡路を震源とする強い地震もあり、
私も風邪を引いたりして、必ずしもすべてがスムーズに運んだわけではありませんが、
大勢の皆さんに祝福された新しいカップルにはきっと幸せな将来が待っていることと思います。

こんな喜ばしい行事のほんの一部に関われて本当に良かったと思っているところです。


2013年04月25日(木)更新

ワクワク・ウキウキの季節到来

しばらくぶりのブログアップ、やはり人間は健康でなくては駄目・・・こんなことを実感したこの10日余り。
気管支炎という咳が伴う風邪のような病気で、このブログもすっかりご無沙汰してしまった。

休んでいた間、いろいろな方たちからお見舞いのメールや電話を頂戴した。
子供たちは家を出て夫婦二人だけの生活、普段は家にいない男が寝込んでいると、家内には三度の
食事で面倒かけっぱなし。

仕事のことは夕方の業務報告でその日の様子は把握出来る。
ちょっと気になっているのは、古くからの知人の自分史DVDの進捗状況。

GWに娘さんや親せきの人たちが集まるのでそこで披露したい。
だからそれまでになんとか仕上げて下さいと言われている。
100枚余りの写真にコメントやBGMも入れてちょっとした映画のような作品になる。

今日出社してあらすじを見せて貰ったらほぼ予想通りの仕上がり状況。
遅くても今月末には完成させなくてはならない。

なんとか喜んで頂けるような作品に仕上げたいものだ。

季節はすっかり初夏の様相、公園の木々も新緑がまぶしいほど。
来月はいよいよ小生の誕生月でもある。

2013年04月12日(金)更新

アルバムの整理

先日冬物のスーツやセーターなどをクリーニングに出し、春用というか初夏用を出してきた。
スーツももう古くて形も大きさも合わないものがたくさんあるが、なぜか未練たらしくしまい込んでいてスペースだけ一人前に取っている。

今年はもう思い切って要らないものは捨てようと思って何年にもなる。
今年こそは本当に思い切って処分すると、家内にも断言した。

それから、広くない家を余計に狭くしているのが、昔の百科事典だ。
今は知りたいことはPCですべてがわかる時代。
これも思いきらなくては・・・・

また、押し入れにしまい込んだアルバム、これも相当なスペースを占めている。
自分たちより、子供の写真の多いこと、子供たちは見ないのに親だけが大切に
保管している。
これも、自分の会社の専門だから、この際DVDにとりこんでしまおうと思っている。
最近、写真やビデオのデジタル化で忙しくなった来たけれど。肝心の我が家のことが
後回し、これもあれもGWの間を利用して片づけようと思っている。

2013年04月11日(木)更新

映画を語る会

今日は「映画を語る会」、弊社交流サロンで18時から始まる。
通常映画は観ると言うが、語ると言うのは観賞後いろいろ感想を述べ合うという意味でつけた。

今日の映画は「ブラス!」というイギリスの映画で1996年制作。
イギリスの北部の小さな炭坑の町で、閉鎖の危機の中ブラスバンドを通じて音楽と生きることの
素晴らしさ、人間模様と社会風刺を上手に織り交ぜて描いた作品。

時の政権はサッチャー首相、奇しくも先日亡くなったが、話題はサッチャー首相にも及ぶこと間違いない。

この「映画を語る会」主宰者は某新聞社OBで、事前に詳しく解説があり、いつも盛り上がる会となっている。

上映映画の選定は、皆さんのリクエストを参考に主宰者に選んで貰っているが、
参加者はほとんどシニア世代、どうしても戦前と戦後間もなくの作品になりがちだ。

それでも、昔懐かしい顔が出てくると、みんなその時代に返って、後の感想会は盛り上がる。
今夜は洋画でイギリス映画だから、いつもとは若干違う会になりそうな予感がする。

参加の皆さんの中には昨日京都のサクラの名所見物をされた人が居る。
昨日は花見、今日は映画と元気なシニアが集まるひと時となるだろう。



 

2013年04月10日(水)更新

人生いろいろ

昨日帰宅途中の出来ごと、ソメイヨシノが散ってしまったいつもの公園を通り抜けようと半ばまで
来た時だった。
一人の高齢の(私にはそう見えた)男性が、私に声をかけてきた。

「あのうー、このサクラはなんというサクラですかねー」「あっ、やっぱりヤエザクラですか」
その男の人はなんと立ったままヤエザクラをスケッチされていた。

それからしばらくその人とさらに通りがかりの女の人を交えてサクラや絵の話題になった。
スケッチをしたサクラはご本人はもうひとつのようで、あと数日で満開になる頃にもう一度来ますとのこと。

スケッチを拝見したらそれは上手で、もう一人の女の人も感心されていた。
でも、ご本人は実際の枝ぶりとはちょっと違うし、まだまだ不満のような感じだった。

公園で出会った見知らぬ人とは、もう会えないかも知れないし、また次の日曜日でも会うかもしれない。

でもリタイアされて、こうして絵に興味を持たれている人を見ると、本当に人生はいろいろと思ってしまう。

昨日夕方のヤエザクラと今朝のちょっと開花の進んだヤエザクラをアップしておこうと思う。

                  昨日薄暮のヤエザクラ
                  今朝のヤエザクラ

                  上と同じ
«前へ 次へ»

会社概要

○主にシニア対象の写真やビデオに関する制作業務(DVDなど) ○独自のアイデア溢れる創作掛け軸と巻物 ○オリジナル名刺・チラシ制作

詳細へ

個人プロフィール

大手建設資材リース会社25年勤務、48歳で補強土の会社(株)ジオシステム創業全国規模の会社に育てる。2005年(株)スプラウト創業現在に至る。

詳細へ

<<  2019年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧